市場動向

  • 12年の特定建築物施設(※)は、43,236施設だった。08年の41,038施設と比較すると、5.4%増加している。
  • 12年の住宅ストック戸数は589万7千戸で、08年の545万1千戸より8.2%増だが、12年の 新規供給戸数10万2千戸は、08年の16万7千戸より39%減少している。

※特定建築物施設=建築物環境衛生管理技術者を選任し監督させる義務がある建築物。

■過去5年間の特定建築物施設数

 

 

(資料)厚生労働省「衛生行政報告例」

 

■過去5年間の分譲マンション戸数(単位:万戸)

 

 

(資料)国土交通省「マンション総合調査」

業界動向

  • 12年の業界売上高合計は3兆5,574億円だった。08年の3兆5,654円と比較すると、0.2%減少している。
  • 売上高が1,000億円以上の企業は2社で、首位のイオンディライトは2位の東急コミュニティーの約2倍の売上高である。
■過去5年間のビル管理業界の売上高合計(単位:兆円)

 

 

全国ビルメンテナンス協会「歴年の業界の総売上げ」(資料)

 

■2012年度 売上高ランキング TOP10(単位:億円)
1位:イオンディライト2,488億円
2位:東急コミュニティー1,215億円
3位:共立メンテナンス994億円
4位:日本管財750億円
5位:日本ハウズイング700億円
6位:ビケンテクノ258億円
7位:東洋テック183億円
8位:大成174億円
9位:ハリマビステム163億円
10位:丸誠118億円
(資料)業界動向SEARCH.COM

上位3社の過去5年間の事業別売上高(単位:億円)

イオンディライト

 

  • 12年は、設備管理事業 420.5億円、警備事業 318億円、清掃事業 405.1億円、建設施工事業530.7億円、資材関連事業392.8億円、自動販売機事業312億円だった。
  • 10年にチェルト㈱と合併して、新たな事業(資材関連事業、自動販売機事業)が加わった。
  • 直近の12年を10年と比較すると、建設施工事業(大規模修繕・店舗内装等の工事)は223%増、資材関連事業は110%増、自動販売機事業は82%増と拡大している。

 

東急コミュニティー

 

12年は管理事業765.7億円、工事事業(建物・設備の改修、改装工事)233.9億円、賃貸事業186.4億円であった。

 

共立メンテナンス

 

  • 12年は寮事業402.7億円、ホテル事業391.4億円、総合マネジメント事業138.0億円であった。
  • 直近の12年を08年と比較すると、ホテル事業が92%増加している。
コメントは利用できません。