市場動向

■機種別リース取扱高(※)の割合

 

 

※リース取扱高:1年間にリース会社が新たにリース契約をした契約金額の総額

 

■業種別リース取扱高上位10種の割合

 

 

(資料)公益社団法人 リース事業協会「リース統計」

業界動向

■過去5年間のリース取扱高合計(単位:億円)

 

 

(資料)公益社団法人 リース事業協会「リース統計」

 

■2012年度 売上高ランキング TOP10(単位:億円)
1位:オリックス1兆656億円
2位:三井住友ファイナンス&リース9,922億円
3位:三菱UFJリース6,981億円
4位:東京センチュリーリース6,911億円
5位:芙蓉総合リース4,425億円
6位:NTTファイナンス3,727億円
7位:興銀リース3,524億円
8位:リコーリース2,340億円
9位:NECキャピタルソリューション2,292億円
10位:日立キャピタル1,033億円
(資料)業界動向SEARCH.COM

上位3社の事業別売上高の内訳

オリックス

 

 

  • メンテナンスリース:自動車、機器類のリース
  • 不動産:不動産開発、賃貸・ファイナンス事業
  • リテール:生命保険、銀行、カードローン事業

 

三井住友ファイナンス&リース

 

 

  • ファイナンスリース:リース会社が設備機器を購入し、顧客にリースするシステム。リース料には物件の購入代金、リース期間中の支払利息、固定資産税、損害保険料が含まれる。
  • オペレーティングリース:装置の持つリース期間満了時点の価値(残存価値)に着目し、物件代金からその価値を差し引いた部分をリース料として設定するシステム
  • 延払事業:延払い売買(割賦)取引とは、顧客が選択した設備機器をリース会社が購入し、長期・分割払で販売するシステム

 

 

三菱UFJリース

 

 

  • カスタマーファイナンス:機械、器具備品等のファイナンス・リース、割賦販売取引等の金融サービス取引
  • アセットファイナンス:機械、輸送機器等のオペレーティング・リース、流動化等不動産に係る事業投融資、有価証券の運用業務、航空機・船舶を対象としたファイナンス、オフィスビル等の賃貸取引

 

コメントは利用できません。