市場動向

■家計調査による衣料購入状況

2012年、総世帯の「被服及び履物」年間平均購入金額は126,110円であり、2008年より8,673円減少した。

 

(出典)総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)」

 

■アパレル総小売市場の主な分類と推移
  • 2012年の「婦人服・洋品」は5兆7,500億円で、2008年より6.8%減少した。
  • 2012年の「紳士服・洋品」は8,960億円で、2008年より4.9%減少した。
  • 2012年の「ベビー・子供服・洋品」は2兆5,185億円で、2008年より7.3%減少した。

 

(出典)矢野経済研究所「国内アパレル市場に関する調査結果 2013」

業界動向

■アパレル業界の売上高合計

2012年のアパレル小売市場は10兆942億円で、2008年より1%増加した。

(出典)経済産業省「商業販売統計年報」

 

■2012年度売上高 上位10社

首位のファーストリテイリングは、2位と3位の2倍以上の売上があった。

1位:ファーストリテイリング9,286億円
2位:しまむら4,910億円
3位:ワールド3,364億円
4位:オンワードホールディングス2,583億円
5位:青山商事2,124億円
6位:TSIホールディングス1,855億円
7位:ワコールホールディングス1,771億円
8位:AOKIホールディングス1,605億円
9位:グンゼ1,323億円
10位:西松屋チェーン1,225億円
(資料)業界動向SEARCH.COM

上位3社の動向

①事業内容

  • ファーストリテイリング:アパレル製造小売業。製造から販売までの過程を一貫して行っている。
  • しまむら:衣料品を主としたソフトグッズの販売を行うチェーンストア。
  • ワールド:衣料品と服飾装身具の縫製加工と、卸売、小売を行っている。

②2012年の売上高営業利益率

  • ファーストリテイリングの売上高営業利益率は13.6%で、2008年より1.3%減少加している。
  • しまむらの売上高営業利益率は9.3%で、2008年より1.1%増加している。
  • ワールドの売上高営業利益率は2.1%で、2008年より3%減少している。

③2008年~2012年の店舗数の推移と1店舗当たり売上高

  • ファーストリテイリングの店舗数は2,222軒で、2008年より264軒増加した。増加分のうち238軒が海外店舗である。
  • しまむらの店舗数は1,808軒で、2008年より257軒増加した。増加分のうち6軒が海外店舗である。
  • ワールドのグループ全体としての店舗数は公開されていない。
コメントは利用できません。