市場動向

■主な分野別比率(受注高)
  • 2012年の電力プラントシステムは、全体の49%である。
  • 2012年の化学プラントは、全体の26%である。

 

(出典)経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」

 

■主な地域別比率(成約額)
  • 2012年のアジアは全体の62%であり、2008年より33%増加した。

 

(出典)日本機械輸出組合「2012年度海外プラント・エンジニアリング成約実績調査

業界動向

■プラント業界の受注高合計

2012年のプラント業界の受注高合計は7兆4,286億円で、2008年より15.1%減少した。

(出典)経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」

 

■2012年度売上高 上位10社
1位:日揮6,246億円
2位:千代田化工建設3,989億円
3位:東洋エンジニアリング2,287億円
4位:栗田工業1,801億円
5位:東芝プラントシステム1,728億円
6位:タクマ963億円
7位:新興プランテック938億円
8位:太平電業681億円
9位:富士古河E&C642億円
10位:明星工業416億円
(資料)業界動向SEARCH.COM

上位3社の動向

■主な分野別比率(売上高)

日揮

 

  • 石油・ガス・資源開発とLNGが拡大している。
  • 石油精製と化学が減少している。

 

千代田化工建設

 

  • LNGが30~40%を占めているが、減少傾向である。
  • 一般化学の比率が拡大している。

東洋エンジニアリング

 

エネルギー関連が平均26%で一番大きい。

 

■主な地域別比率(売上高)

日揮

 

5年間で日本は19%減少、オセアニアは24%増加した。

 

千代田化工建設

 

5年間でオセアニアは24%増加、、アジアは22%増加、中東は57%減少した。

東洋エンジニアリング

 

5年間で日本は27%増加した。

コメントは利用できません。