市場動向

■過去10年間の機械警備(※)業者数と対象施設数の推移

 

■過去10年間の警備員数の推移(単位:千人)

 
※「機械警備」とは、現場にセンサーを設置し、異常を感知した場合に警備員が駆けつけるシステムのこと。

(資料)警視庁生活安全局「警備業の概況」

業界動向

■過去5年間の業界売上高の推移(単位:千億円)
(資料)一般社団法人 全国警備業協会「警備業の概況」

 

■2012年度 売上高ランキング TOP7
1位:セコム7,656億円
2位:綜合警備保障3,155億円
3位:セントラル警備保障408億円
4位:セコム上信越220億円
5位:東洋テック183億円
6位:トスネット88億円
7位:アール・エス・シー51億円
(資料)業界動向SEARCH.COM

大手3社の部門別売上高の比率と売上高営業利益率

セコム

 

綜合警備保障

 

セントラル警備保障

 

過去5年間の売上高営業利益率

 

コメントは利用できません。